東アジア交流協会 について

東アジア交流協会とは

本交流会は、日本とアジアとの相互理解を民間交流を通じて構築するために、アジア地域との交流事業と研究を行い、国際交流に寄与することを目的とする。

すなわち、本交流会は、日本を取り巻くアジアの国々との民間レベルでの交流を中心として、其々の国々が、相互理解のもと、強調し合えるような地域作りを目的とするとともに、人的交流を通して、各国との信頼感を構築し、国境・人種・宗教等を超えた人間関係を作り上げるために、国際協力活動と、その活動を行う団体の運営、その活動の情報の公開、助言および援助を中心に幅広い情報提供と、的確な指導、関係各機関の紹介とその機関の出来る限りの要請等を目的として活動し、現在活動中のNPO法人国際学生フォーラム協議会と東アジア交 流協会を合併し、新たに日本アジア文化交流会として設 立し、幅広く活動を進めております。

東アジア交流協会文化交流会の具体的な活動とテーマ

    1. アジア諸国の青少年を対象とした交流活動の企画と実施
    2. 環境の保全と、その啓発活動
    3. アジア諸国に対する国際協力活動
    4. 東アジアラリーの企画と調整

モンゴルの首都ウランバートルをスタートとして、極東ロシア・中国・北朝鮮・韓国を通り、日本の山口県西日本サーキットをゴールとする親善ラリーの企画

日本アジア文化交流会の業務

文化・広報活動
交流;アジア各地と日本との交流事業・勉強会・研究会・講演会・フォーラム等の企画・実施
広報;本会及び関係機関の広報事業を目的とした活動/講演会・勉強会等の開催

社会・経済活動
社会;経済活動その他全般にわたる情報の収集・分析・提供/環境啓蒙活動への協力と、環境活動の企画と実施
経済;各地域への企業進出、各地との輸出入、貿易事業等通商に対するアドバイス
情報ネットワーク;東アジア情報ネットワークの開設

東アジア関係諸国とは

東アジア関係諸国を6つのグループに分け夫々に対応するように計画しております。  

    1.日本・米国(USA)
    2.韓国・北朝鮮・モンゴル・ロシア・中国・台湾
    3.ベトナム・ラオス・タイ・カンボジア・ミャンマー・バンクラディシュ
    4.フィリピン・マレーシア・インドネシア・シンガポール・東ティモール
    5.インド・ネパール・ブータン・スリランカ
    6.グアム・南洋諸島・その他